買い物カゴを見る マイページログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

【送料無料】豪華とらふぐ刺身とちり鍋用のセット。とらふぐ干しひれ・薬味・ポン酢等もそろっています【送料無料】とらふぐちり鍋用のセット。まるごと一本以上、厚め切りの身が入ってます!【送料無料】天然ふぐの深い味わい、しゃぶしゃぶによる半生の食感、香り高いごまドレッシング、さっぱりポン酢で召し上がれ!魚重はふぐひれもご奉仕価格。熱燗、冷酒、ひや酒にふぐの唐揚げ。「確かにうまい!」 他店に負けない美味しさに自信があります!ふぐ一夜干し。淡白な中に深い味わい。ふぐの旨味と絶妙の味付けで大人気!ふぐのみりん干し。じっくりしっかり染みたみりんダレは、食欲そそる甘さと香ばしさ!自社工場でさばいた国産とらふぐの本皮のみを使用。湯引き、カット済み

河豚=フク?フグ?布久?福!!

ふぐ

【 河豚 】のあれこれ

山口県下関市をはじめ、九州の一部では「フグ」のことを「フク」と呼ぶ文化があります。
いまでこそ濁りをつけて「フグ」と呼ぶのが正式となっていますが、
古い文献によると「フク」と濁らずに呼んでいたようです。
古い文献とは平安時代の書物のひとつで、その中に「布久(フク)」という記述があり、
いくつか由来があります。

・日本書紀にも登場する最古の栽培植物「瓢箪(ひょうたん=フクベ)」説。

 瓢箪は別の読み方で、「ひさご」「ふくべ」ともいい、
 膨張したフグと、瓢箪の形が似ているからというもの。

・威嚇、または防衛のためといわれる腹部の膨張=ふくれる=「フクルル」説。

・海水を吹き出す習性による「吹ク」説。

・韓国での呼称の「ポク(膨れる)=ホク=フク」説。

 韓国語では「ポク」がフグの呼び名で、膨れるという意味があるそうです。
 上古の日本には「パピプペポ」のいわゆる半濁音がなかったため、
 「ポク」が「ホク」となり、なまって「フク」になったというもの。

また他にも、布類をあてて1〜2日間ほど冷所に寝かす保管方法からや、
縁起かつぎに“幸福”の福にあやかって「フク」とする呼称などがあります。

後者は現代からだと思いますが、有毒部位を持ちながらも古代から食されてきた美食の魚を
商業的にも文化的にも発展させようという先人の想いを感じますね。

【 他の国々での呼び名 】

日本語では漢字で「河豚」と書き、見た目には「かわのぶた」となって変に思われますが、
中国の河に棲んでいる種類のフグが語源です。

このフグはメフグ(暗紋夵方魨)というその漢字が示す通り暗めの色合いをした中型種で、
黄海や東シナ海にも棲息しますが、中国の河の中流でも捕れ、古くから美味とされてきました。

腹部を膨らませた見た目が豚に似ているのでこの名前が付けられたといわれています。

・中国語:
(河豚)=河で捕れたメフグが由来。豚に似ている、豚と同じく美味であるから。

・英語:
(puffer fish)、(blowfish)はいずれも「吹く」「(派手に)吹く」。
(globe fish)=球形、
(swell fish)=「膨れる」。

・仏語:
(posson globe)=「球の魚」

・独語:
(Kugel fisch)=球の魚、(auf blaeser)=「吹くもの」

他の国も同じように太った・膨らんだ見た目や、フグの習性から名づけられてきたことがうかがえます。

ちなみに、大阪近辺では「テッポウ(テツ)」、千葉県の「トミ(富)」。
意味は当たるといけないことと、宝くじ(富くじ)のように当たらないことだそうです。真逆ですね。

文禄時代は豊臣秀吉のころより、フグは全国で食禁とされてまいりました。
それでも昔の一部の食通たちは、フグのことを「テツ」、「テッポウ」といった符号で使い表して食していたようです。

1888年に、内閣総理大臣の伊藤博文が下関に訪問しフグを解禁され、
下関は世界で初めてフグを食文化として公的に認められました。

禁止されてもなお食したかった「フク」。
4代務めたかの総理をうならせた「フク」。
近年における他地方のフグのブランド化に対し、本場下関としても矜持をこめて、

―――おいしさで皆様を「幸福」に。

ふぐ刺し


【 ふく刺し3大特徴 】


〕毒部位は完全除去! →山口県条例ふぐ処理士免許は、筆記と実技試験の合格で発行。

弾力が強いため、薄造り! →適度な歯ごたえと美観。

さっぱりとした、繊細な味わい! →他の魚より少ない脂肪分……
されど他の魚より多くなる旨味成分アミノ酸、イノミン酸。(1〜2日で増す)

ページトップへ